HomeイベントArt at Tokyo Tech 2013›オーディション

Art at Tokyo Tech 2013 第2回オーディション

audition

 東工大にあるBechsteinピアノが製造されて90年がたちました。このピアノはArt at Tokyo Techをこれまで担ってきてくれましたが、我が国では極めて貴重で現在も現役で活躍してくれています。このBechsteinピアノへの感謝をこめて今年はCelebrating 90 years of the Bechstein Piano を開催します。
 本年7月より様々なプログラムを企画していますが、10月には、Bechsteinの社長であるドイツのシュルツ博士にヨーロッパにおけるピアノの発展についてお話し頂き、ピアノの歴史と発展、それに伴う演奏会を開催します。また、フランスの高名な音楽家であるパリ音楽院のイヴ・アンリ教授を招き、学生等の関係者へのレッスンをマスタークラスとして公開し、さらに音楽会を行います。
 そこでこのイヴ・アンリ教授のマスタークラス参加者と秋のエントランスホールコンサート出演者を募る第2回オーディションを行います。ピアノ、弦楽、木管、金管など広く音楽にかかわる演奏を対象とします。自作曲の演奏でも構いませんが、必ずアコースティックな楽器等が中心となるものとして下さい。(なお、作曲者が演奏しなくても構いませんが、演奏者は自分で用意してください。)ジャンルはクラシックに限るわけではありません。音楽を趣味とされる方からプロの方まで、音楽を愛好する幅広い多くの方々の参加を期待します。グループでの参加もお待ちしています。なお、イヴ・アンリ教授の公開マスタークラスは10月30日(水)午後から夜まで(予定)。

開 催 日2013年7月18日(木) 19時30分〜20時20分(予定)
 (同時開催:講演会、末永匡氏の演奏会)
場 所大岡山西9号館ディジタル多目的ホール
応募資格東京工業大学の学生/職員/卒業生/旧職員、その家族(高校生以上)、過去のArt at Tokyo Techのコンサート出演者。なお、今回は時間の都合上、応募者の中から選抜させていただくことがあります。予めご了承ください。
応募方法下記メールアドレスに以下を記入してお送りください。
送付先 art.jim@jim.titech.ac.jp
件名「Art at Tokyo Techコンサート第2回オーディション希望」
内容 ①これまでの簡単な演奏暦
   ②オーディション演奏曲名(1〜3曲10分以内)
   ③10/30マスタークラス参加希望の有無(既に参加決定の方は不要)
   ④氏名(フリガナ)
   ⑤職員(所属)、学生(学科・専攻、学籍番号)
締め切り2013年6月28日(金)
案内PDF ダウンロード
問合せ先東京工業大学 大学院社会理工学研究科 社会理工等グループ
 Tel: 03-5734-2489     Email:art.jim@jim.titech.ac.jp

 



イヴ・アンリ氏プロフィール

audition

ピアニスト、作曲家
R.シューマン国際コンクール第1位・金メダル(ドイツ・ツヴィッカウ)
ノアン・ショパンフェスティバル会長、パリ高等音楽院教授
イヴ・アンリ氏は1959年4月2日にフランスのエブルー(フランス北西部)に生まれ、音楽のキャリアは5歳から始まった。1970年パリのサル・プレイエルにて最初のコンサートを行い、13歳の誕生日にはベルリンフィルハーモニーにて、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏するなど、神童ぶりを発揮する。11歳の時、ピエール・サンカンクラスに入学し、在学中、室内楽、和声、対位法、フーガ、声楽の伴奏法を含む7つの一等賞を得る。彼はアルド・チッコリーニ氏のもとで研鑚を積み、国際コンクールで賞を得る。



 



第1回オーディション

audition
開 催 日2013年4月24日(水) 12時30分〜16時30分
 ピアニスト末永匡氏による直接指導あり
場 所大岡山西9号館ディジタル多目的ホール
案内PDF ダウンロード

 



当日の様子

末永匡氏から指導を受ける参加者

末永匡氏から指導を受ける参加者  末永匡氏から指導を受ける参加者  末永匡氏から指導を受ける参加者 
写真をクリックすると自動的に拡大写真がご覧になれます。
閉じるときは、写真以外の場所をクリックしてください。