Homeイベント ›Art at Tokyo Tech 2013›エントランスホールコンサート 2013年10月21日

Art at Tokyo Tech 2013

Celebrating 90 years of the Bechstein Piano

Art at Tokyo Tech 2013 お昼のエントランスホールコンサート

 どなたでも、自由にお聴きになれます! 入場は無料です。  詳しくは、 案内[PDF] をご覧ください。

2013年10月21日(月)
poster
  • 2013年10月21日(月) 12:30〜13:00


  • 桑原 陽 Akira Kuwahara (ピアノ)
        ○ショパン作曲:ワルツ第4番 ヘ長調 op.34-3「華麗なるワルツ」
        ○ショパン作曲:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 op.15-2
        ○ショパン作曲:ポロネーズ第6番変イ長調 op.53「英雄」


  • 稲川 有徳 Arinori Inagawa(ハーモニカ)
    和谷 麻里子 Mariko Watani(ピアノ)
        ○モーツァルト作曲:オーボエ四重奏曲よりアレグロ 
        ○矢代秋雄編曲:さくら変奏曲
        ○イベール作曲:間奏曲


  • [会場]: 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館エントランスホール [入場無料]
         (大岡山キャンパス:東京急行大井町線/目黒線大岡山駅徒歩3分)   アクセス方法

  •  

  • [当日の様子]

    桑原 陽さん(ピアノ) 稲川有徳さん(ハーモニカ) 和谷麻里子さん(ピアノ) コンサートの様子
    写真をクリックすると自動的に拡大写真がご覧になれます。
    閉じるときは、写真以外の場所をクリックしてください。


  • [プロフィール]

桑原 陽 

大学院理工学研究科物性物理学専攻卒業。10歳の頃より、ピアノを弾き始める。在学時は、東京工業大学管弦楽団との演奏会に出演するほか、2005~2006年にArt at Tokyo Techに出演し、シューベルト、リスト、ショパンなどを演奏した。

稲川有徳 

大学院理工学研究科化学専攻修士課程1年。6歳よりハーモニカを始める。ハーモニカを野村久泰、大場善一、和谷泰扶の各氏に師事。2009年世界ハーモニカ大会クロマティックハーモニカ(課題曲付)部門第1位など、数々のコンクールで第1位を受賞する。2006年、2009年にArt at Tokyo Techに出演するなど、これまでにオーケストラや合唱団、ピアニストとともに多くの演奏会に出演する。 

和谷麻里子 

渡鏡子、青木紀子、岡田知子、高柳朗子の各師に師事。桐朋学園大学短期大学部音楽科を卒業後、1985年よりドイツ・国立トロッシンゲン音楽大学にて、ピアノをイルムガート・プリースター教授に、伴奏法をヴォルフガング・キューブラー教授に師事。1989年 ピアノ科を卒業。1990年より同大学にてチェンバロをヘルガ・キルヴァルト教授に師事。1994年夏、チェンバロ科を最優秀で卒業後、秋より同大学大学院にて引き続きチェンバロとフォルテピアノをエッカート・ゼルハイム教授に師事。1998年大学院チェンバロ科を卒業。