Home>イベント> ランチョンセミナー

title

大学院社会理工学研究科では、若手研究者(助教、PD)および博士後期課程学生の研究上の交流を深めることを目的に、ランチョンセミナーを開催しています。
今回は下記のテーマでご報告いただき、昼食をともにしながらディスカッションや情報交換をしたいと存じます。みなさまどうぞ昼食をご持参の上、お気軽にご参加ください。



2014.11.20
New! 第30回 「東日本大震災後の仮設住宅団地における自治会設立の条件」 吉良洋輔
2014.10.15
第29回 「留学生のコミュニケーションメディア使用が異文化適応状況に及ぼす影響」 叶 少瑜
2014.06.13
第28回 「China and its Emerging Civil Society」 原 嘉志
2013.11.20
第27回 「数理計画法と機械学習的手法による実験計画の生成」 田中研太郎
2013.07.29
第26回 「大学改革と教育の質保証」 齊藤貴浩
2013.06.26
第25回 「文学研究のBプラン」工藤彰
2012.11.28
第24回 「NIMBY問題とミニマックス定理」山邑紘史
2012.10.24
第23回 「Constructing fair single round robin tournaments regarding strength groups with a minimum number of breaks」 Zeng Lishun
2012.07.25
第22回 「宗教思想の科学的理解に向けて」 村井 源
2012.06.08
第21回 「潜在曲線モデルを用いた日本の高齢者の身体的特性の変化と個人差に関する縦断的検討」 宇佐美慧
2012.05.18
第20回 「地域的な景観保護はどのような論理で正当と認識されうるか」白川慧一 
2012.04.09
第19回 「収益率の時系列性を考慮した投資戦略最適化」高野祐一 
2012.02.29
第18回 「貢献度と顧客のニーズに関する妥当性の間のコンフリクト検出にお ける応用上の問題とその解決手法」佐藤慎一 
2011.11.30
第17回 「スピーチのストレスを測る −聴衆の有無の影響−」織田弥生