Homeイベント ›災害ソリューション実践 2013

災害ソリューション実践 2013

 「災害ソリューション実践」は、東日本大震災被災地に滞在して現地住民の人たちと交流することにより、現地の人たちが何を欲しているか、あるいは東工大生のみなさんがそれぞれ有する専門性をどのように復興に役立てることができるかを考えてもらうという、現場実践型授業です。
 本授業は、大震災直後から実施しており、今年で3度目になります。今年度も大船渡に1週間ほど滞在し、NTT ドコモ・モバイル社会研究所との連携により、現地住民の人たちが短編ムービーを撮影するというワークショップへの支援を行います。このワークショップは、現地の人が伝えたいにもかかわらず、マスメディアに乗らないような情報を、現地の人たちの手で自ら発信することを目的としたものです。


「災害ソリューション実践」シンポジウム 2014/03/16

poster

 本シンポジウムでは、これまでの「災害ソリューション実践」での活動経験(震災の記録・アーカイブづくり、被災地の方々との映画作り)をもとに、被災地の未来に向けて、我々に何ができるか、何をすべきかを、参加者それぞれの立場から考えます。


日 時  2014年3月16日(日) 14:30~17:10
場 所 西9号館 6階 607 会議室
内 容  14:30~16:00
 ・開会の辞(武藤先生)
 ・講演セッション
 ・東工大の活動報告セッション
16:10~17:10
 ・活動をふりかえるフューチャーセッション
    「フューチャーセッションの成果」
 ・講評・閉会の辞(飯島先生)
案 内  案内PDF

当日の様子
シンポジウムの様子 シンポジウムの様子

写真をクリックすると自動的に拡大写真がご覧になれます。
閉じるときは、写真以外の場所をクリックしてください。



「災害ソリューション実践」活動報告Webサイト

website   「災害ソリューション実践2013」Webサイト

オリエンテーション 2012/06/07

poster

 本科目は、価値システム専攻の科目として開講されますが、最先端の科学技術を学ぶ他 の専攻・研究科、学部学生の方もぜひご参加ください。


★単位数 (0-2-0)


★オリエンテーション

 今年度の開講のオリエンテーションを実施いたしますので、履修を考えている学生は必ずご参加ください。

日 時   2012年6月7日(金) 12:30-13:00
場 所  西9号館 402・403 会議室
参加方法  ※履修を考えている方は、必ずオリエンテーションにご参加ください。
オリエンテーションに出席する方は、5/31(金) までに「学籍番号」「氏名」「専攻名」「メールアドレス」を、白川(shirakawa.k.aa@m.titech.ac.jp)までメールして下さい。
履修したいけれどもオリエンテーションに参加できないという人は、その旨あわせてご連絡下さい。
なお、定員を超えた場合には、希望に添えない場合があります。
ダウンロード 「災害ソリューション実践」オリエンテーションのお知らせ  [PDF]


★スケジュール

6月~7月   現地に関する事前学習会
①復興に携わる東工大の先生方による講義
②ムービー撮影技術の特別講義
③ムービー編集ソフトの使い方講習会 
7/29〜8/2 現地ワークショップ(現地までの交通費は大学側で負担します)
帰京後 活動記録の整理とウェブ上での公開、レポートの提出



★問い合わせ先
 社会理工学研究科 社会工学専攻 坂野研究室 白川慧一
 西9 号館5 階505(W9-92) 内3820 E-mail:shirakawa.k.aa@m.titech.ac.jp



(参考)過去の活動記録サイト
  災害ソリューション実践2012   災害ソリューション実践2011