Homeイベントスウェーデン・ウィーク›第5日 11月25日(金)

-

第5日 11月25日(金)
   スウェーデンの産業 企業

- シンポジウム「スウェーデンの産業と企業の国際競争力
       ー持続可能な経営とCSRー」

 

・時間 13:00-18:00
・場所 東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館2階 ディジタル多目的ホール MAP
・参加申込 会場準備の都合上 下記の Sweden Week 事務局まで お名前と連絡先を明記のうえ参加申込を してください.会場に余裕がある場合は 当日参加も歓迎します

・パネリスト

  • スウェーデン社会研究所<web>,
    所長 須永昌博(すなが あきひろ モデレーター)

  • 株式会社プロシード<web>,
    代表取締役社長 西野弘(にしの ひろし)

  • エリクソン・ジャパン株式会社 <web>,
    副社長 Sven Eriksson(スベン・エリクソン)

  • アトラスコプコ株式会社 <web>,
    代表取締役社長 Thomas Östergren(トーマス・オスタグレン)

・使用言語 日本語

・シンポジウム
 の概要

日本では スウェーデンの充実した福祉や教育に注目が集まることが多いが その理念の実現を支える基盤がスウェーデン企業の髙い国際競争力や 高成長を維持し続けている産業にあることは 見逃されがちである.
本シンポジウムでは そのような「スウェーデン・パラドックス」(参考:注)について あらためて議論するとともに スウェーデンの企業が着実に進歩をとげながらも(《持続可能な経営》)企業市民として社会的責任(《CSR》)や 環境責任への 取り組みを展開する理由と その実態について 経営者 研究者 それぞれの視点から 具体的な 事例を交えつつ 検討する.

((注)湯元健治・佐藤吉宗『スウェーデン・パラドックス?高福祉、高競争力経済の真実?』
    (日本経済新聞出版社 2010年)


・シンポジウム
 の構成

[第1部 パネリストによるプレゼンテーション] 13:00-16:15

・須永昌博
「スウェーデン企業の特色と国際競争力及びCSR」
・西野弘
「2万人の身障者を雇用するサムハルの理念と社会貢献」
・Sven Eriksson
「通信インフラの巨人、エリクソンの国際展開とCSR」
・Thomas Östergren
「世界トップの機器メーカー、アトラスコプコの国際展開とCSR」


[第2部 パネル・ディスカッション]16:15-17:00

[第3部 軽食と意見交換会]17:00-18:00

シンポジウム終了後に 講師やご来場の皆さまとの間の交流の場として 軽食をとりながらの
意見交換会を設けます。若干の参加費用を頂きますことをご了承ください.


お問合せ・参加申込み

Sweden Week 事務局
Email : swedenweek@gmail.com
電話 : 03-5734-2267